いつかの話

文章評価
0
0
0
0
0

ストーリー評価
0
0
0
0
0
評価: 0 - 0
0pt
0uv
2000年から、数百年が経っていた。人間はロボットやコンピュータに頼りきった生活をしていた。

特に、何も無い町の、特に何の変哲もない駐輪場。そこの精算機は、何故か自分を認識し、意識を持っていた。
そして「彼」は、Rと呼ばれるコンピュータやロボットの組織が、国家転覆を図ることを知る。
また、自分がそのために自我を持つことになったのを。

作者タグ近未来 人工知能 ロボット コンピュータ
読者タグ
短編(全1部) 総9,722文字(平均9,722文字)
推定読了0時間20分 レビュー0件 ブクマ0件 挿絵 会話率%
-

Twitter感想

もっと表示する

推移データ

  • データ
  • ⇔変動
  • ランキング
  • ⇔変動
11.15
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:31取得)全1話
11.14
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:31取得)全1話
11.13
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:31取得)全1話
11.12
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:25取得)全1話
11.11
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:21取得)全1話
11.10
0pt0bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(10:14取得)全1話

評価グラフ

  • 年月別
  • UserID別

評価を付けた人一覧

help
文章評価:ストーリー評価|名前 (ユーザーID/総評価数)
評価された日付 
もっと表示する