礫 (つぶて) 完全版

文章評価
0
0
0
0
1

ストーリー評価
0
0
0
1
0
評価: 8.5 - 2
23pt
109uv
俺は石ころじゃない、礫(つぶて)だ!桶狭間前夜を駆ける無名戦士達の物語。

永禄3年5月19日の早朝。桶狭間の戦いが起こるほんの数時間ほど前の話。出撃に際し戦勝祈願に立ち寄った熱田神宮の拝殿で、これから死地へと向かう若き織田信長の眼に、彼方の空にあがる二条の黒い煙が映った。重要拠点の敵を抑止する付け城として築かれた、鷲津砦と丸根砦とが、相前後して炎上、陥落したことを示す煙だった。敵は、餌に食いついた。ひとりほくそ笑む信長。しかし、引き続く歴史的大逆転の影には、この両砦に籠って戦い、玉砕した、名もなき雑兵どもの人生と、夢があったのである。

**************************

本編は「信長公記」にも記された、このプロローグからわずかに時間を巻き戻し、弥七という、矢作川の流域に棲む河原者(被差別民)の子供が、ある理不尽な事件に巻き込まれたところからはじまります。逃亡者となった彼は、やがて国境を越え、風雲急を告げる東尾張へ。そして、戦地を駆ける黒鍬衆の一人となって、底知れぬ謀略と争乱の渦中に巻き込まれていきます。そして、最後に行き着いた先は?

※ 半年前に投稿したバージョンと、主要なストーリーは変わっておりませんが、各所の文章や表現を見直し、さらに読みやすくした完全版が出来ておりますので、せっかくなので掲載いたします。各章細かく分割したので、さらに読みやすくなっていると思います。よろしくおねがいします。


<主要登場人物> ※登場順

織田信長    尾張の王
弥七      河原者
ねずみ     盗人崩れ
おこと      養蚕荘園の奉公人
今川義元    東海三国の王、「海道一の弓取り」
松平元康    義元の客将。のちの徳川家康
藤七      口入屋
源蔵      黒鍬の棟梁
佐久間大学   織田家の重臣
おしの     大学の配下
岡部元信    鳴海城の城代
伝左      鳴海城の牢番
木下藤吉郎   信長の配下。足軽大将
作者タグ残酷な描写あり 史実
読者タグ
日刊(全131部) 総186,704文字(平均1,426文字)
推定読了6時間14分 レビュー0件 ブクマ3件 挿絵 会話率%
-

Twitter感想

もっと表示する

推移データ

  • データ
  • ⇔変動
  • ランキング
  • ⇔変動
11.14
23pt3bm0rev 
+2pt+1bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(04:18取得)全131話
11.13
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(04:12取得)全127話
11.12
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(04:06取得)全122話
11.11
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(04:00取得)全117話
11.10
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(03:54取得)全117話
11.09
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(03:48取得)全117話
11.08
21pt2bm0rev 
0pt0bm0rev 
日間圏外週間圏外月間圏外四半期圏外 
(--)(--)(--)(--) 
(03:42取得)全113話

評価グラフ

  • 年月別
  • UserID別
2019.109pt
 
~44万9pt
 

評価を付けた人一覧

help
文章評価:ストーリー評価|名前 (ユーザーID/総評価数)
評価された日付 
もっと表示する